前回の続きです)

昨晩は世界ふしぎ発見が終わる時間にはすでに夢の世界へ旅立ち、覚醒と二度寝を繰り返して起きたのは6時半。
ルートインの朝食バイキングもそこそこに、朝風呂に浸かって気持ち良く2日目をスタートします。
[8:00]新潟県上越市 ルートイン上越
IMG_4916
隣には昨日は居なかったVストローム1000。いいなぁ、長距離も楽々なんだろうなぁ・・・。
とまぁ、無いものねだりをしても仕方ないので今日もセパハンレーサーレプリカで距離を稼ぎましょう。

天気は雲は多けれどまずまず。昨日のようにドサッと降るようなことはないかな。
とりあえず昨日はよく見ることができなかった日本海を存分に堪能しつつ、R8を糸魚川方面へ走っていきます。

このR8、ずっと日本海に沿っている道なんですが、とにかく景色が良い!
ホテルを出てから、天気もどんどん回復してきて否が応でもテンションが上がってきます。
[8:30]新潟県上越市 直江津海水浴場付近
IMG_8393
いきなりですがこのツーリングでのハイライト。

どうです?この絶景。行きたくなってきたでしょう?
目の前には水平線がずっと広がって、「端(太平洋)から端(日本海)まで来ちまったんだなぁ・・・」という実感にクラクラします。
IMG_8388
IMG_8387
昨日苦労してここまでオートバイでやってきて本当に良かった。これだからツーリングはやめられないんだ。
クルマで来てたらずっと後悔することになっていたでしょう。なんというか、もうサイコーです。

そんな海沿いの道をゆっくりと楽しみつつ、今日もしっかり道の駅スタンプを押印しつつ進んでいきます。
IMG_4925
R8の日本海沿いにはいくつかの道の駅があり、今回は「うみてらす名立」「マリンドリーム能生」に立ち寄りました。
どちらも王道の道の駅といった感じで、地元の農作物やら魚介類の出店などなかなか繁盛していましたよ。
(ただ管理人は魚介類があまり得意ではないので楽しむまでには至りませんでしたが・・・)

どちらも雄大な日本海を望む、絶景の道の駅でございました。また行きたいなぁ。
IMG_4926
この沿いをずっと行くと能登半島・・・。休みがもっと長かったらそのまま行っちゃうのに。
嗚呼、無限にオートバイに乗れる時間が欲しいものだぜ。

糸魚川でR8ともお別れ。R148で大糸線に沿って松本方面へと向かいます。
何度も書くけど、R8は本当に良い道だった。今度は能登半島まで富山方面にずっと走ってみたいな~。

R148でそのままストレートに松本というのは面白くないので、少し寄り道。
[10:00]新潟県糸魚川市 小滝川ヒスイ峡
IMG_4929
R148からすこし、田舎道に入ると目の前にはまるでスイスのような(行ったこと無いけど)雄大な岩山が出迎えてくれました。
糸魚川市は日本有数のヒスイの産地。中でもこの小滝川ヒスイ峡は日本で最初にヒスイが産出された場所であります。

このヒスイ峡、実は遠い昔に家族旅行で訪れたことがあって、思い出深い場所の一つです。
正直なところ(お察しの通り?)、ヒスイや宝石の類にはあまり興味が無いのですが、
なんと言っても、この日本離れした風景があの頃から心に引っかかって、なかなか落ちてくれなかったのです。
IMG_4935
IMG_4938
うおー、相変わらずすごい迫力。
このシンボルとも言える明星山は、すべてが石灰岩で構成されており、白っぽい外見と荒々しい岩肌が特徴。
道路より下は深い渓谷になっており、姫川の急流を眺めることができます。
IMG_4945_convert_20170824223219
あの頃は父親の運転する車で来ましたが、今は一人自分の愛車を駆ってここに立つ。というのは何とも感慨深いモンです。
いい大人になったなぁという思いも反面、もう二度とあの頃には戻れないというノスタルジーが胸を抉ります。


さて、ヒスイ峡でしばしの感傷に浸った後はまたR148に戻り、白馬の方へオートバイを走らせます。
白馬にもまた、思い出深い場所がありまして・・・。とまぁ、これは次回に回すことにしましょう。

ということで、次回に続く。(もう9月だっつーのにいつまで引っ張るんだ?)