G'の足回り定番チューンといえば、純正鉄ホイールからライブDio ZXの鋳造アルミホイールへの換装です。
見た目が現代的になって一新されるだけではなく、前後タイヤのワイド化+チューブレス化が可能になります。

今回、「アシバイク」なのでそこまでモディファイする予定はなかったのですが、
タイヤ交換のついでに換えちまえ!ってことで気が付いたらZXホイールを某中古パーツショップで買ってきてしまいました。
IMG_4811
パッと見はきれいですが、案外そうでもないです。
ZXホイールは90/90-10、純正鉄は80/90-10ですので、標準スペックでも10mmのワイド化がされるわけですね。

まずはリアホイールのフィッティングをしていきます。
IMG_4816
これは予想通り。スプライン数もドラム径も全く変わらずにポン付けが可能でした。
ワイド化によってクランクケースへの干渉が心配だったのですが、見たところどこにも当たっていないようです。

次にフロントホイールのフィッティングを行います。
IMG_4819
とりあえずホイールだけ変えてみたのですが、ブレーキディスクが向かって右方向へオフセットされてしまいました。
このままだと常に片方のパッドにローターが押し付けられている状況。どうやら一筋縄ではいかないようです。
IMG_4821
パッと見はいい感じなんですけどね。
ディスクローター径、取り付けPCDは純正品もZXのものも同じでした。(厚さは純正がMIN3mm、ZXのモノがMIN2.5でした)

もちろん、このままでは諦めきれないので更なる策に出ます。
メーターギアをG'純正からZX純正品に交換してみましょう。オクで追加購入です。
IMG_4825
写真ではあまり分かりづらいのですが、ZX純正のメーターギアの方が若干薄く出来ています。
これを使ってホイール全体を向かって左にずらしてしまおうというワケです。

とりあえず組み付けますが・・・。うーん、さっきよりは良くはなった感じがしますが、まだブレーキタッチがイマイチ。
それに、アクスルナットを締めていくたびにローターが右に寄って行っているような気がします。
(→緩めの締結ならローター位置もびしっと真ん中になって、いい具合にブレーキも効くのですが・・・。)


ホイール全体の幅が合っていないんでしょうか?それともディスクローターの偏摩耗?
こうなったら、もう綺麗な手段は諦めて、みみっちい方法で調整。
IMG_8318
0.5mm厚のシムで軸をずらしていき、気持ちよくパッドが当たる個所を探っていきます。
結局、2枚(1mm)右に組み込んで様子を見ることに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タイヤは前後共にAmazonで一番安かったIRC MB90を使います。
折角のレースベース車なのでBSのBT39SSとか履きたいもんですが、「アシバイク」にそんな金は掛けられません。
ちなみにサイズは3.00-10。ZX純正よりもほんの少しだけナローになる計算ですが、そんなには変わりません。
IMG_1989[1]
いつも通り友人に頼んでサクサク交換してもらいました。
個人的にはIRCのタイヤってあまり良い印象が無いのですが、填める側にとっては「死ぬほど簡単にビードが出るから好き」らしいです。

新品タイヤも入れたので、本取付けです。
リアはそのまま、フロントも手筈通りに取り付けていきますが・・・。
IMG_4826
何とタイヤが新品になったことでアンダーカウルに接触してしまうではありませんか。
押し引きは出来るので気が付きませんでしたが、サスがストロークするとベキベキッと嫌な音が鳴り響きます。

もうここまで来てとやかく言ってられんので、こういう時は何も考えずにカット!
IMG_4827
タクトのフェンダーを切るために買った糸鋸でゴリゴリと。基本現状合わせで切っていきます。
貴重な純正カウルにメスを入れるのは心苦しいものがありましたが、今までの苦労を無下にするよりかはマシかな。

その他なんやかんやありまして・・・
IMG_2054[1]
IMG_2055[1]
無事に換装完了。思っていた以上に手間が掛かりました・・・。
ですがそれに見合ったナイスなルッキンを手に入れることが出来て、大満足です。

とりあえずナンバーも取って、走行に関係しそうなところは手を入れたのでひと段落ってとこですかね~
今度は駆動系メンテかフォークのOHかなぁ。ブレーキもバラしたいけどフルード変えたばっかりだし勿体ないような・・・。