めがね橋を超えて、軽井沢地区に入ります。
ある程度予想はしていたのですが、さすがGWの行楽地だけあってどこを抜けるのにも大・大・大渋滞!
R18を使うことは早々に諦め、長野県道137号→R142を使って諏訪方面へとひたすらに逃げます。

[16:00]長野県小県郡 三峰大展望台
IMG_8119
なんやかんやで今年もやってきたビーナスライン! 季節柄、緑豊かとはいきませんが天候も良く、なかなかの展望でした。
今回は霧ヶ峰方面には行けなかったのですが、そちらも素晴らしいコンディションだったろうなぁ。
IMG_8117
それにしてもビーナスは涼しい!路肩にはまだ少し雪が残っていました。
今回、ウィンタージャケットの中綿抜き+革パンという装備で行ったのですが、これで丁度良いくらいでしたね。
(代わりに麓は20度を軽く超える夏日だったので、結構難儀しました・・・。この時期の装備選びって難しいですよネ)


さて、扉峠で早々にビーナスを降り、アザレアラインを使って松本方面へ。いつも通り、塩尻で友人と合流してグダグダします。
最近、新しく入庫したGSX1400に少しばかり乗らせてもらいました。
IMG_1616[1]
「最初の油冷」で来て「最後の油冷」に乗ることになるとは数奇なものです。

1,401ccという途方もないビッグボアを持つ同車ではありますが、FI制御も相まって従順で扱いやすいエンジン特性。
低回転からの分厚いトルク感も特筆もので、今まで乗ってきたGSX-Rと同じ油冷車とはまるで思えません。
さすがに止まると重量を感じますが、走っている分には軽快そのもの。足つきもばっちりで利便性も高そうです。
IMG_1620[1]
ネイキッドだけあって頭の重さは感じましたが、切れ込みが早いということはジムカーナでも速そうな予感。
GSFのようにホイールベースが短いわけではないので、ゼロ加速をしても浮かずにしっかりトラクションを稼いでくれそうです。
一回これでコーススラロームしてみたいなぁ。多分すごく楽しいと思うんだ (´・ω・`)
IMG_1618[1]
なによりハザードが付いてるのがうらやましい。とにかく、いいもん乗せてもらいました。ありがとうございます。

ここからはオートバイを降りて(ツーリングレポートだっつーのに)、友人の運転するジムニーでちょっと散策。
とはいえ、やることはいつも一緒。B級スポットと草ヒロ巡り。
IMG_4571
IMG_4576
誰が呼んだか通称「ダットサン塚」。まるで前衛芸術のようなコンディションです。一体どうやったらこうなるんだ?
陽が落ちてきて暗くなってしまったのが残念ですが、晴れていたらなかなかにフォトジェニックな風景でしょう。

それにしてもこういった細道はさすがのジムニー、強いですね。 ちょっと欲しくなっちゃったなぁ。
実はこいつも少しだけ運転させてもらったのですが・・・結構玄人向けな乗り味でした。自分にはJB23くらいが丁度いいです。


散々遊んで本日は時間切れ。ホテルにチェックインします。(本当は19時予定だったんですが、延長してもらいました)
[20:00]長野県塩尻市 ルートイン塩尻
IMG_1627[1]
ルートインを使うのは初めてでしたが、サービスも良くなかなか好印象。
惜しむらくは繁忙期ゆえ、喫煙室しか予約することができなかったことでしょうか。GWひと月前でも間に合わなかった・・・。

その後はお察しの通り、塩尻の夜の街へ。塩尻式山賊焼きとか馬刺しとか地酒とかを食べたり飲んだりしました。
大人だからこその楽しみってやつです。いいオッサンになっちまったぜ!なんつって。
IMG_1626[1]
締めはやっぱりお蕎麦。 後半記憶があいまいなのですが、終始楽しくおいしくいただきました。ごちそうさま!

ほろ酔い気分で1日目は終了。明日に期待を込めつつ、信州の夜は更けていくのでした・・・。(続く