行ってまいりましたので、さしあたってご報告。
IMG_4363
相変わらずメジャーどころの展示はスルーして、重箱の隅つつくようなところをフィーチャーします。
曰く、「人の居ないところにイカしたバイクはある」のです。

・まるで外車?
IMG_4471
メッツラーブースに展示してあったカスタムバイク。
一瞬、ハスクバーナブースに展示してあった「VITPILEN401」が出張しているのかと思いましたが、よく見るとちょっと違う。
IMG_4472
見覚えのあるエンジンと、このフレーム・・・。VTR250(しかもキャブ車)ですね。
サイドカウルとタンクが一体になった流体力学的プロポーションにトレリスフレームが良いアクセントになっています。
カラーリングもどこかレトロな雰囲気を纏っており、なかなかにセンスがよろしい。
IMG_4473
このスポークホイールも良いアクセントになっていますね。エクセルリムですが、どうやって入れたんだろう?
ブレーキも何気にブレンボに換装してあったりと、見るべきところは非常に多いオートバイです。
IMG_4476
ダートトラッカー風のゼッケンプレートとシンプルに構成されたハンドル周り。
引き算カスタムのお手本といったような出来上がりです。こういうのを参考にしていきたいですね。

・おっさんホイホイ

IMG_4463
DIRTFREAK製、WR250Rを往年のYZ風に仕立て上げるレトロカウルキット。
タンクのストライプ、ゼッケンサイドカウル、MONO CROSSステッカー等。オッサンの心をグッと掴んで離さない演出はさすが。
IMG_4464
このヘッドランプも良いですねぇ~。
こんな形をしていて中身は250cc最強スペックを誇るWRなんですから恐ろしいです。まさに羊の皮を被った狼ですね。
IMG_4466
気になるお値段はタンク、シート、サイドカウル、ラジエーターカバーのセットで14万ちょっと。
ヘッドランプとフェンダーはUFO製の汎用品なので、お手軽にカスタムしたい場合はこちらだけ買えば良さそうですね。

・出たら買う
IMG_4501
Araiブース。今回の大きなトピックの一つは間違いなくこれでしょう!
参考出品のコンセプトモデルという立ち位置ですが往年のRAPIDEをモチーフとした3本ヒゲのヘルメット!欲しい!
IMG_4504
今回、新作として発表された「VECTOR-X」はイマイチだったので期待していなかったのですが、ここでこんなサプライズがあるとは。
丁度「RAPIDE-IR」の後継モデルは出るのか?と聞こうと思っていた矢先、素晴らしい回答を実物で見せていただきました。

話を聞く限り、本当に出すかどうかも分からない反響次第のデザインコンセプトらしいですが期待は大!
今年は今使っているRAPIDE-IRの交換期でもあるのですが、コイツが出るまでは待ち続けようと思います。
ただ、最近の「X系」ヘルメットみたいなチョンマゲインテークだけはやめてくれよ・・・。このまま出してほしいくらいです。

・初期型油冷は死なない
IMG_1432
ヨシムラブース。「失神しそうなほどにカッチョいい油冷車」の実車展示もさることながら、
今回最も衝撃的、かつ一番のトピック。初期型油冷GSX-R用パーツの発売決定!しかも新設計!!
IMG_1428
IMG_1429
熱い油冷ファンのラブコールとヨシムラの油冷車への思いにワタクシ、涙が出てきそうです。
特にパルサーカバー、スタータークラッチカバーは取り付けたいと思っていた一品でしたので、ありがたくて仕方ない。
オークションで法外な値段で取引されている当時物を買わずとも、新設計の新品が2017年に出るんですからオヨヨ・・・。

カムシャフトやバルブスプリングなどのハードパーツには多分手を出さないと思いますが、選択肢が増えるのはうれしい事です。
とにかく。このご時世に「対応車種:GSX-R750 85~87」って表示を見るだけでも泣けてきます。ヨシムラさんありがとう、愛してるよ。


ということで、
IMG_4362
また来年な!(多分)

前年に引き続き2度目の来場となったわけですが、今年は去年よりもパッとしなかったというのが正直なところ。
土曜日ということもあり、来場者数は多く賑わっていたのですが、その分メーカーの担当者さんに質問をぶつけたり、
実車の跨り具合を落ち着いて確かめたり、細かなディテールを確認することが出来なかったのが残念でした。

ただ、今回のAraiとヨシムラのように「しっくりとハマる」展示があったのも事実。
やっぱり、関東近郊に住んでいる限りは一年に一度しっかりチェックしなければならないイベントだなぁ、と痛感させられました。


さーて、Araiの担当者さん。しっかりとブログで取り上げさせていただきましたよ~。
是非、是非にもあの素晴らしいヘルメットを製品化検討のほどよろしくお願いいたします。多少高くても買いますから!