オイルは内燃機関において血液のようなもの、とよく言われます。

特にオートバイにおいてはクルマよりも過酷な環境下でエンジンが回っていますから、こまめに交換するに越したことはないです。
レーサーは一回走行ごとに交換するとか。それほどまでにオイルはオートバイにとって生命線であるということですね。
なお一般的な使用下では、大抵「3か月に一度 or 3000km」のどちらか早い方で交換するというのが定説の様です。


なんて高説を垂れていますが、気付いたら前回交換から1年近くも経ってしまった。油冷マニアが聞いたら卒倒しそう。
IMG_3852
前回交換は12,040kmなので、一年でだいたい2,000kmくらいでしょうか?全然走ってないですね。
依然、フィーリングに変化は感じないのですが、流石に劣化が始まっているだろうということで交換します。

前回はMOTUL 5100(半合成)を入れましたが、今回はヤマルーブのプレミアムシンセ(全合成)を試してみます。
IMG_3851
価格帯がほぼ同じカストロのPower1 Racingと迷いましたが、ヤマハの油脂に全幅の信頼を置いているのでこちらにしました。
Webikeで5,300円、リッターあたり1,300円くらいかな? 粘度は前回と変わらず10W-40です。

※作業
暖気してオイルを抜きます。45℃くらいまで熱を入れたらシャバシャバになって出てきてくれました。
IMG_3857
5100は半合成とはいえ「いい値段」するだけあって、最後までシフトフィーリングが変わらない良いオイルでした。
熱の入りがちょっと早かったかな。油温があまり安定しなかった印象があります(ちょっと渋滞するとすぐに100℃超えちゃう)

前回、レンチ径の不手際で交換できなかったオイルフィルターも交換します。
IMG_3861
今回はオイルフィルター持ち込みで寸法を確認してレンチを購入。ストレートで450円でした。
なかなかニッチなサイズなので、見つかるかな?と思ってたんですが無事に発見できました。(アストロには無かったです)
IMG_3862
フィルター径80-対角79mm径でばっちりです。
初期型油冷だけではなく、イントルーダー750とかカバルケードも同じフィルターみたいなので、参考までに。

新品のフィルターはWebikeのPB商品を購入。
IMG_3864
本当はヨシムラK&Nの「メガネレンチが噛める」フィルターを買うつもりだったのですが、納期未定だったので変更。
そもそもフィルターなんて拘ったところで用途は変わらないのですから、800円くらいのコイツでも十分なんですけどね。

これだけ見るとなんかバルサンみたい。
IMG_3865
パッキンに新しいオイルを薄く塗ってから取り付けます。エンジン側接触面を綺麗にしておくのも忘れないように。
そういえばカートリッジ式の車種を扱うのは初めてかもしれない。VTは内蔵式でフォーサイトはそもそもフィルターがありません。

ニューオイル投入。
IMG_3867
フィルター交換込みなのでほぼ4L入りました。ちょっと余った分はタクトのミッションオイルとして使おうと思います。
ちなみにGR71は「車体を水平にして」オイル窓F-Lの中間に入っていることを確認するタイプです。

オイルの浸みたウエスでエキパイとか軽く磨いて作業終了。
IMG_3870
ハーフカウルのスタイルも好きなんですけど季節上きちんと戻しました。
次のオイル交換は秋口になるかなぁ。なんて言いつつ、また1年位放置しちゃうような気もする。。。