(書き溜めていた記事をちょいちょい放出していきます。)

作業自体は2回目となるのですが、今回はベルトだけではなくウエイトローラーとスライドピースも交換します。
前回交換が約18,000km、現在の走行距離が約56,000kmと切れていないのがおかしいくらいのコンディションです。。。

・用意したもの
ドライブベルト(ヤフオク品台湾製)、ウエイトローラー【22123-KFG-000】、スライドピース【22011-KAB-000】
IMG_2594
占めて4,500円くらいでしたか。ベルトの信頼性に不安は残りますが、スクーター天国台湾の品なのできっと大丈夫でしょう。
ちなみに純正品番は【23100-KFG-003】。16年10月現在の価格は9,800円程になっています。高ぇ!

で、作業自体は定石通りって感じなので簡単に。
IMG_2597
フォーサイトの場合、テール部分1枚とサイド2枚のカウルを剥がさないと駆動系を開けることができません。
スクーターの作業においてはお約束なんですが、カウル同士のはめ合いがキツいので固定ツメなどを割らないように注意です。
IMG_2598
思っていたよりか汚れは走行相応で平和な感じでした。
ベルトの繊維が千切れて絡まっていたり、などという最悪の事態は無かったので一安心。
IMG_2599
前回交換したグロンドマン製の純正代替ドライブベルト。
全周にわたってヒビ割れが酷く、満身創痍の様相。もちろん交換時期はとっくに過ぎていた模様。よく耐えてくれました。

プーリーホルダーを使ってドライブフェイスとクラッチを取り外します。
IMG_2600
IMG_2602
この工具もあんまり出番のないもので、買ってから3回くらいしか使ってないような気がします。
スクーターはいっぱい持ってるのにね。

ついでにクラッチ残量を測っておきました。約2mm。
IMG_2601
どうなんだろう・・・、サービスマニュアルを持っていない車種なのでなんとも判断に迷います。
どちらにせよ部品をオーダーしたりもしていないので対処はできないのですが、数値だけでも把握しておけば後あと役立つ筈。

ドライブフェイスはネジ止めされているのかと思っていましたが、蓋も何もないフリーなものでした。
IMG_2605
淡々とスライドピースとローラーを交換していきます。オール純正品です。
IMG_2604
ローラーでいろいろセッティングはできるのですが、絶対ハマったら大変なことになるのでやりません。
スライドピースはだいぶ劣化していたようで、取り外したものと新品とのはめ合いのキツさが段違いでした。

新しいベルトを張って作業終了。
IMG_2607
このベルトが交換時期になったとき、次のスクーターに代替えかな?

正味1時間で作業終了。 発進時のジャダーも少なくなり、「まぁ、こんなもんかな」といった仕上がりです。