宙ぶらりんで放置気味だったビートですが、心に余裕が生まれてきたので引っ張り出してみます。
水温上昇の怪、はともかく。近々持ち込みでタイヤ交換(講習)をする予定でいるので、軽く錆でも落とそうかと。
IMG_1366
「メンテナンス坂道」でフロントを持ち上げようとしますが、さすが特種な原チャリ。普通にやっても前が浮きません
ラジエータとか2眼ライトとかスタビライザーとか、 無駄な 重量物がいっぱい付いているもんね。
そういうわけで、写真のようにオイルパンを噛ませてフロントを持ち上げます。

固着気味のアクスルボルトを何とか緩めて、
IMG_1368
取り外したフロントホイール。ブレーキドラムに異物噛みや損傷はなく、状態は良さげです。径は測ってないけど大丈夫でしょう。
ベアリングやメーターギアにもしっかりグリスが残っており、このあたりのコンディションも心配しなくてもOKかな。
IMG_1382
冷却性向上を図った(と思われる)ダクトが特徴的なブレーキ周り。
アーム類やワイヤーの動き等は具合が良いのですが、調整用アジャスターが固着しており、回りませんでした。
IMG_1384
ブレーキは限度以上あるので問題なし。効きも良いので交換の必要はありませんね。
IMG_1376
全体的にワイヤブラシでサンディングしておきます。
ホイールはリペイントした方がいいかなぁ? オリジナルのラットさを出すか、小奇麗に仕上げるか悩みどころ。
IMG_1385
フロントフォーク周りは結構キレイになったかな? 若干オイルが漏れてますが。。
シール周りはまだ部品が出るのですが、インナーチューブが結構やられてるので組み直しても意味ない気がするんだよなー