勤め人となります故、更新頻度が著しく低下するかと思われますが、ご了承いただきたく存じます。
週に一度、週末あたりに記事が一本書けるといいな~って感じです。

冷却系に難のあるビート。とりあえずクーラントが噴出しているのは不味かろう、ということで点検です。
走るたびに白い煙を立ち上げていてはいずれ通報されてしまうかもしれません
IMG_1215[1]
カウリングは大きいのですが、10mmスパナとドライバーがあれば簡単に外れるので非常に助かります。
外装だけはびっくりするほどキレイなのにな~、その分中身がアレだからな~・・・。
IMG_1216[1]
ヘッド回りが白化しています。クーラントが揮発したからですね。
結構、蓄積されたような跡にも見えます。もしかしたら現役時代から漏れていたのかもしれません。
IMG_1217[1]
観察してみると、バイパスチューブのこの部分にクラックが入っており、ここからクーラントの噴出を確認。
冷却周りのバイパスチューブを交換するのは2度目です。ゴム系素材は完全にダメになっていますね・・・。
交換したところクーラントの噴出による白煙は収まりました。

しかし、どうにも水温が下がらず3分程度ですぐにオーバーヒート気味になってしまう。
ウォーターポンプは生きているので、水はしっかり流れていると思うのですが明らかに冷えていません。
そして馬鹿にヘッド回りが熱い!その割にラジエータ周りはそれほど熱くない・・・ということは?

うーん、予測ではありますが、なんとなくダメな点が分かってきたような気がします。