ビートのナンバーが交付されました!
IMG_1213[1]
いやぁ、長かった。ちょっと苦労しましたが無事に書類起こしが出来ました。持つべきものは友ですね。(F氏ありがとう!)

とはいえ、やっぱり問題はまだ山積みで
・水温の上昇が異常なぐらい早い
・ヘッド回りから冷却水がリークしている
・V-TACSの効果があまり感じられない
・アイドリングが不安定
・意外と遅い
などと、やることはまだまだ多そうな予感がします。
それと調子に乗って走っていたらガス欠を起こして2kmばかり押して帰る羽目になったこともご報告させていただきます。


さて、ここから本篇。

下の写真は浜松市支給のナンバープレートボルトなんですが、物凄くよく出来ていて感心しました。
原付を登録したことがある人なら分かると思うんですが、普通は「ボルト+ナット+ワッシャー+スプリングワッシャー」ですよね?
IMG_0541
でも浜松のものは構成部品が「ワッシャー圧入済みボルト+フランジナット」のみ!これ、本当に便利です。
ナンバーを留めるときに先の4点セットだとポロポロ落としちゃったりするんですが、これならその心配もありません!
原チャリマニアの気持ちが分かっているというか(んなわけない) ともかく、いい仕事してますね~。

余談ですが、この役所で貰えるタイプの10mmレンチとプラスドライバーが兼用できるボルト、意外と売ってないんですよね。
自分はナンバーを作ったり切ったりをよくするので、普通に考えれば毎回貰って増えていく一方のはずなのですが、
逆に有難みが薄いのかいつの間にか処分してしまいがち。(というか探せばあるんでしょうが、どこにやったか覚えていない)
そんなこともあり、この前入用になったときは見つからず。結局ホームセンターで代替品を買う羽目になりました。

で、ホームセンターで探してみると売っているものは綺麗に表面が整えられたものばかり。
頭の形状も自分が思い描いているような形ではなく、ヘックスタイプやレンチでしか締めこめないタイプが多いのです。
ヘックスタイプはナメないので締めこむ際の都合はいいのですが、いざ取り外すときに多少厄介。
レンチで回すものも径に合った工具が無ければ外すことができません(まぁフツーの人はそんなに付けたり外したりしないけどな)

あと、最近気づいたのですが見栄えについても違和感を感じてしまうんですよ。綺麗なネジって。
原チャリにはステンレスもキレイな銀色のネジも似合わんのです。あの妙な安っぽい金色のネジがいいんです(涙

有名な歌の歌詞に「何でもないようなことが幸せだったと思う」とありますが、まさにその通りで、
今回のネジのひと悶着で痛感したのでした。(安い人生だな)


余計な話がだいぶ長くなってしまいましたが、それだけこのネジは素晴らしいのです。
今回の登録に際してもう一セット貰ってきちゃいました。ネジ自体は足りているのですが、また入用になるかもわからないからネ。