12月24日は「GSX-Rで実家に帰省する日」、12月25日は「廃道と旧道の日」です。
なので、お手軽に国道257号線の旧道を探索してみることにしました。
IMG_7849
冬はツタ類が枯れるので探索にぴったりです。

肩慣らしに前回帰省したとき歩ききれなかった場所を探索。
IMG_7852
だいぶまだ藪感はありますが、夏場よりかはだいぶマシになりました。
ガードレールの形から、廃道化してから浅い印象を受けるのですが、ここまで藪に飲まれるとは。
IMG_7845
マニア垂涎の「40高中」が眠るこの旧道。
冬になったら全景を見せてくれるかと思っていましたが、枯葉の堆積がすさまじく願い叶わず。
IMG_7843
これが一応「高」です。
先ほどの藪エリアに恐らく対向車線向きの「40高中」が眠っていると思われるのですが、発掘できず・・・。


落ち込んでいても仕方が無いので今日のメインへとクルマを転がします。
IMG_7854
静岡県と愛知県のちょうど県境にやってきました。
ここには「炭焼田トンネル」なるトンネルが通っているのですが、それにあたって廃止された旧道が見受けられます。
IMG_7859
非常に分かりやすい「廃」のオーラ。
事前に予習したMapsでは結構距離があるように思えたので、気合を入れて歩きます。
IMG_7861
IMG_7864
轍も残っているので完全に通行がゼロになっているわけではなさそう。 それでもやっぱり、廃道っていいなぁ。
IMG_7873
峠の県境に到達。
IMG_7874
道中唯一だった道路表記。 高中ではない普通の40km/h規制でした。
IMG_7884
峠を下っていきます。(シャッター速度を早めたのでだいぶ暗いですが、実際もこんな感じです)
よく見れば法面が切り通し状になっていますね。
IMG_7887
崩壊や藪もなく終始安全に朽ちています。
クルマで入ってもぜんぜん問題ないレベルでしょう。(調べてみたら旧道化してまだ16年落ちらしいです)
IMG_7889
新道を望む。
IMG_7894
IMG_7898
封鎖区間踏破終了! 
特にそれといった波乱もなく、15分程度の廃道散歩となりました。


まだカロリー不足な感を否めないので、おまけでもう一本行きます。
IMG_7935
炭焼田トンネルから愛知県側にちょっと行ったところにある「蔵平トンネル」へやってきました。
延長78mという可愛らしいトンネルですが、
IMG_7934
その裏にはいい感じの旧道が眠っていました。
IMG_7927
とはいえ、旧道路自体に致命的な欠損は無く、今でもぜんぜん使えそうな感じ。
IMG_7933
その割にしっかりとバリケードを張って車両の進入を防いでいるのがイヤラシイです。
標示や標識などは撤去されており、残念ながら特筆すべきものはありませんでした。


帰ります。
IMG_7921
第二東名を望む。どこまで繋げる気だろう?