原田橋(はらだばし)は、静岡県浜松市天竜区の天竜川に存在していた吊り橋。

2015年1月31日17時頃、天竜川右岸(西岸)で発生した土砂崩れの影響で落橋、
この落橋で、状況調査で橋の上にいた天竜土木整備事務所職員2名が橋ごと河に転落、
病院で死亡が確認された(Wikipedia抜粋)
遡ること1月の終わり、浜松市天竜区佐久間町にある「原田橋」が土砂崩れによって落橋し、
それにより、橋の調査に訪れていた市の職員2名の尊い命を奪われました。

全国ニュースなどでも多く報道されたので、覚えている方もいらっしゃるやもしれません。
IMG_4833
現在は臨時の付け替え道路が通っていますが、
天竜川が増水すると道路は即刻通行止となり、抜本的な解決には至っていない状況です。

現状がどのようになっているのか、気になったので行ってみました。

「続きを読む」から。


※警備の方に許可をいただき撮影。
IMG_4828
落橋した原田橋。錆びついた主塔のみを残し、他部位はすべて天竜川に。
亡くなった2人のために用意された献花台がこの事故の重大さを物語ります。
ストリートビューより以前の原田橋
h1
老朽化に従い、片側通行規制はあるもののケーブルはしっかりと張ってあり、
橋としての役割をしっかりと果たしている姿が見られる。

原因となった土砂崩れ
IMG_4845
山が溶けてやがる・・・。
実際目にする法面はグロテスクなほどに崩れ去ってしまっています。
この山が全部落ちたのか・・・。h3
見比べてみて初めて実感するほどに、まず考えつかない規模です。

IMG_4842
東栄側の主塔からすべて飲み込まれて、とにかくエゲツナイ。
橋がどうこうというよりも、それ以前に道を通してはいけない地盤なのかもしれません。
IMG_4841
老朽化が指摘されていた原田橋とはいえ、バスも通る現役国道の橋。
しかし自然の力は無慈悲にもすべてを崩していきました。
IMG_4838
衝撃的な光景。つくづく人間の無力さを思い知らされます。

臨時の付替道を望む。
IMG_4848
IMG_4851
川を埋めて踏み固めたもので、通行できるのは普通車のみ。
二輪車、歩行者は依然として分断されており、解決までにはまだ時間を要しそうです。
IMG_4847
さらに前述したとおり、天竜川の増水、またダムの放流によって押し流される可能性もあり
予断を許さない状況。この問題が解決されるのは残念ながら当分先になりそうです。

最後になりましたが、
この事故によってお亡くなりになった職員の方のご冥福を深くお祈り申し上げます。