燃料周りを整備すればいくらボロくても快調に走ってくれるハズなんです。
IMGP2835



とりあえず貰ってから一度も洗ってなかったのでやっちゃいます。
(作業のジャマなのでカゴ外しました)
IMGP2884
一度カウルを外した時にオイルタンク周りが絶望的に汚かったので
リア周りのカウルは全部取っ払ってヤケクソ気味に泡洗車します。
IMGP2885
「ハーネス?いえ、知らない子ですね」バッテリーはちゃんと外してますよ

ここで、シャンプーじゃ2stオイルとかこびり付いた謎の物体Xは落ちないことが判明。
元オーナーいわくマジックリンがおすすめらしいので今度はそっち試してみましょう。

洗車は適当なところで諦めて燃料ホース交換しちゃいます。
IMGP2886
IMGP2887
実はこの前、コック部分は取り外して洗浄しておいたんですけど
付属してたホースを再接続したら劣化していて・・まぁ、大変なことになったのです
IMGP2888
交換。
φ4の耐油燃料ホースを1m、ホームセンターで買ってきました。138円也。
アダルティーなピンクが劣情を抱かせますね。

今日の作業はここまで。
IMGP2889
キャブレターのスクリューを調整して終了です。
私有地内で乗り回してみましたが、すこぶる調子良くなりましたワー。
エンジンも頑張ってキックすれば大抵かかるし、速度もそれなりに。
流石、腐っても2stスクーター。ウィリーだって出来そうです

なんだか思ってたより・・優等生? ボロいけど素直ないい子です。