NS-1のミッションオイル交換を行いました。
P7280556
日陰でじっくり行います。っていうか日向でやると死にます。暑くて

まずはアンダーカウルを外していきます。
固定はボルト数本なので、プラスドライバーと車載工具のレンチで緩めましょー。
P7280557
とれた。

P7280560
P7280558
しかしチャンバーの錆が激しいですね・・、
どのバイクでも大抵こうなっちゃうみたいですが。

オイルを抜くにあたって、廃油ボックスを準備。
標準の油量が0.9Lなので十分に吸ってくれるはずです
P7280562
ホームセンターで200円強。
ダンボールとトイレットペーパー(新聞紙)、ビニール袋で代用できるみたいですが、
億劫だし、300円しない買い物なのでケチらず専用品を使いました。

ミッション下部のドレンボルトを外して、古いオイルを抜いていきます。
ちなみにドレンボルトは車載工具では緩めることは出来ないです。
別途モンキーレンチかなんかを用意して外しましょう。
P7280563
とろーり。
すっげぇ真っ黒!、ってほどではないですが十分汚いですね。
あ、チャンバーにオイルがかかるのは位置的に仕方ないです。
車体を立ててみたり、揺らしてみたりしてとことんオイルを抜いていきます。

今回、入れるのはこちら
P7280566
カストロールの2ストロークオートバイ用ギアオイルです。
1lで1300円くらい。指定はホンダ純正の4スト用エンジンオイルですが、
折角なのでちょっと高級な専用オイルを入れてやろうと思います。

指定された量は0.8L。オイルジョッキを使って注いでいきます。
オイルジョッキもホームセンターで入手、1L用は200円ちょっとだったかな?
P7280565
新品のオイルは当たり前ですが綺麗な琥珀色してます。

あとはミッションにある「OIL」ホールからドボドボと注ぎ、
注ぎ終わったらチェックボルトを開いてオイルが出てくるか見ます。
ちなみに今回は0.8Lだけでは出て来なかったので、追加で少し注ぎ足しました。
合計で0.9Lくらいは入ったんじゃないかな?

最後に各部のボルトをきちっと締めて、作業完了です!
P7280567
いやー、簡単でした。
途中、近所に住んでるカワサキ乗りのおっちゃんと談笑したのも含めて
1時間掛からずにできちゃいました。

早速試走!
いやはや、オイル変えただけで乗り心地がかなり変わるもんですね。
全体的にスムーズになったというか、なめらかというか。
速度が綺麗に伸びるというか・・とにかく違いは一目瞭然。
2000円以内でここまで変わるもんなんですねぇ。
やっぱり2ストのバイクはオイル類が占める効果は非常に高いことを痛感しました。